睡眠不足の原因は

睡眠不足の要因、原因は2つほどあります!?
大きく分けると睡眠時間と睡眠の質で、この2つのことが睡眠不足に大きく関わっているのです。

睡眠時間
平均8時間前後が良いとか言われていましたが、実は個人差があってそれより短い人もいたり、もっと長く必要って人もいます。1日の疲れが取れる自分の睡眠時間と言うものをしっかり把握する必要があります。

睡眠の質
睡眠の質というものは「睡眠の深さ」のことですね!脳と身体の眠りのことを指していて、レム睡眠(身体の眠りのこと)とノンレム睡眠(脳の眠りのこと)があります。この2つの睡眠がしっかりとコントロールできれば睡眠の質は上がるのです。

これから「睡眠」について考えて、いろいろとご紹介しますね。「睡眠対策 口コミ」にご注目ください!

睡眠対策に効果的なサプリ

ストレス社会に伴い、不眠症に悩まされている方が増えてきています。
適度な運動をしたり、半身浴や就寝2時間前のテレビやパソコン、スマホなどの利用を控えるといった、自ら、睡眠対策をしていても不眠症を克服できない方は多いでしょう。
そういう方におすすめなのが、不眠症に効果的なサプリメントを活用することです。
この中には、不安や精神の高ぶりを解消してくれる「バレリアン」や「セントジョーンズワート」という成分や眠りを促す「メラトニン」、「グリシン」「トリプトファン」と呼ばれる休息アミノ酸成分が含まれています。
購入に際しては、実際に、サプリメントを利用したことがある人の口コミなどを参考にしながら選択するのがよいでしょう。

睡眠対策に効果的な食べ物

人が眠くなるのは脳内のメラトニンが夜になり、増えることで眠ります。
人は朝に光を浴びると、脳にある体内時計がリセットされて活動状態になります。
このことで、脳内のメラトニンの分泌が停止します。
そして、メラトニンは朝目覚めてから14~16時間ほど経過すると、メラトニンの分泌が増加します。
このメラトニンはセロトニンから作られます
そして、セロトニンは食べ物の、バナナや牛乳に含まれるトリプトファンというアミノ酸から体内で合成されます。
よく眠れないときの睡眠対策で、ホットミルクが効果的と言われる所以は、まさに昔の人の知恵です。
口コミなどでもいわれるのは、やはりミルクではないでしょうか。
昔から実力・人気のホットミルクが、実は科学的にも理にかなった方法だったのです。

睡眠対策に効果的な運動とは

運動は睡眠対策としては非常に効果的です。これは体が疲れるために眠気が起きてくるため、そして体温が上がり、その後に下がることで体が眠りにつきやすくなるためです。ただし体を動かせば何でも良い、どんなやり方でも良いと言うわけではありませんから注意が必要です。睡眠対策として運動を行うのであれば、適度な強度であること、そして就寝前の2時間前には終わらせるようにすることが重要です。まず強度についてですが、息切れをするような激しい強度は、却って神経を昂らせてしまうために逆効果です。ウォーキングなどがおすすめですが、口コミでは室内で行えるヨガや踏み台昇降が人気を集めているようです。就寝時間の2時間前に終わらせると言うのは、ちょうど体温が下がってくる頃が就寝時間にあてはまるためです。ただし睡眠対策と共にダイエットを兼ねたい、そのため少し強度の高い運動を行いたいと言う人もいるかもしれません。この場合は、余裕をもって就寝時間の4時間前に終わらせるようにすると、神経の昂ぶりによる影響も小さく抑えることができます。

睡眠対策に効果的なツボって?

睡眠対策に効果的なツボは、口コミ情報などにも掲載されていますが、一般的に中衝、安眠、合谷などがあります。
中衝は、中指の爪のつけ根部分の親指側にあり、爪を挟むように親指と人差し指でつまみ、少し痛みがある程度に15~60秒程度押すと、全身をリラックスさせる効果があります。
安眠は、耳の後ろ側にある下に向かって尖っている骨から指1本分の場所で、うなじと交差する付近にあり、この場所を指で10~20秒程度指圧すると、副交感神経を優位に働かせ、首周りの血流の循環も良くなる効果があります。
合谷は、人差し指と親指の骨が合流する場所から少し人差し指よりの位置にあり、親指で人差し指に向かって3~5秒程度指圧すると自律神経を整える効果と鎮静作用があります。

睡眠対策は何でも試そう

睡眠対策で一番効果があるものってなんでしょうね!?
枕や寝具、ベッドなどを変えること、寝る場合の環境に変化をつけたり、サプリメントや健康ドリンクを摂るようにするとかと、いろいろとあります…
私が考えるに眠れない悩みは非常に厄介なものだと思います。寝不足だと1日が面白くないと言うか、人生を楽しむことの妨げになりますよね?眠れない悩みは人それぞれで、その原因がまったく違いますし…ですから、睡眠対策に効果があると聞いたらなんでもいいから試すことをおすすめします。まさか!というものが意外と効果があったりしますからね!?自分に合う一番効果がある方法をみつけだしましょうよ。運動して体を疲れさせるってのはどうでしょうかね!?

眠れないのはお酒のせいかも!?

お酒の飲みすぎで眠れないということもあります!
毎日、お酒を飲む方はその量を考えるようにしましょう。お酒を飲むことは体の健康に良いとされているのですが、当然、少量であればの話なんです…
お酒を飲むとリラックス効果が働き、スムーズに眠れる状態になるのです。ですが、飲む量を間違えると逆の影響が起こり、体が興奮状態ということに…。たとえ寝れたとしても、夜中に何度も起きるようになってトイレの回数が増えるようになるのです。ですから、毎日お酒を飲む方はその量に気をつければ、もしかしたら眠れないという悩みが解決するかもしれませんよ!?でも、考え方を変えてみると、お酒が飲めない方が飲んでつぶれて寝てしまうことってありますよね!?そんな方はあれも使えるのではないでしょうか……